Breeオフィシャルオンラインショップ

平日9時までのご注文は当日発送いたします
 
シリーズ一覧
お問い合わせフォーム
BREEアプリのダウンロードはこちら!
iPhone版BREEアプリのダウンロードはこちら!
Android版BREEアプリのダウンロードはこちら!
ヌメ革について
WELOVEBREE!
WELOVEBREE!「ヌメ革写真館」
Bree Channel ブリー動画はこちら
会員登録で500ポイントプレゼント
よくあるご質問
お問い合せはこちらから
当日配送承ります
  • TwitterのBreeのページへ
  • MixiのBreeのページへ
  • FacebookのBreeのページへ
JALカード特約店
 
Home > ヌメ革をご使用いただく前に
ブリーのネイチャー・シリーズは、あなたの手で完成させる特別な製品です。ずっと永くご愛用いただくためには、包装紙を解いてからすぐに使うのではなく、まずは日光浴。
革に太陽の光を浴びせてあげると、色が美しく変化し、汚れにくくなるのです。

ブリーフケース、ショルダーバッグ、リュックサックと3wayに活躍するELCH(エルク)。
本体のペンホルダーや、バックルベルト、そして付属のショルダーストラップなど細かいパーツも多く、一見きれいに日光浴させるのが難しそうに思えますが、手順はいずれも同じです。
まず、日当たりのよい窓際で日差しにあててみましょう。
実際の使用時には陽差しのあたりにくい底面や側面にも、たっぷり日光があたるよう配置します。
ムラができないように、表面、裏面ともにまんべんなく日光浴させるのが、きれいに色づかせるコツ。
片面が色づいたら、半面に裏返すという具合に。直射日光でもまったく問題ありませんが、車中など極度な温度上昇が予想される場所は避けてください。
日焼けの跡を残したくないのは、人間でも鞄でも同じこと。
外すことのできるパーツ類はすべて外し、本体と同様に、表面、裏面ともに陽差しにあてましょう。
万が一、日焼け跡がついてしまってもご心配なく。
日焼けは、すぐに追いつきます。
やがて、ヌメ革はうっすらと淡いベージュに色づきはじめ、表面に光沢が出てくるのがわかるでしょう。
季節や日照条件、そして革自体の色づきやすさにもよりますが、ここまで育てるのにおおよそ2〜3週間。自分で革を育てていると思えば、待つことも楽しくなるのではないでしょうか。
※夏の日差しが強い時でおよそ2週間程度、冬の日差しがあまり出ていない時期で約1〜2か月が目安です。

使い始める前に、もうひと手間。柔らかい布でバッグ全体をぬるま湯で湯拭きしてから、新聞紙などで形を整えて一晩陰干しをします。
革が乾いたらレザープリザーバーでバッグ全体に栄養を与えてあげます。こうすることで、汚れがつきにくく、ある程度の水もはじくようになります。
さぁ、あなたのブリーと共に出かけましょう。

じっくりと時間をかけて日光浴させることが、なによりもポイントです。
そして、使い始める前に、日光浴によって表面に出てきたオイルを、ブラシや柔らかいクロスで全体になじませましょう。

Montpellier(モンペリエ)やPocket(ポケット)のnatureラインのように、すでにワックス加工およびパラフィン加工が施されているヌメ革製品についても、ご使用前の手順は従来のヌメ革製品とそれほど変わりません。
まずは日光浴をしてお好みの焼き色へと変化させてください。毎日使うアイテムであれば、お好みによって、そのまますぐにお使いいただいても大丈夫です。加工されていない素仕上げのヌメ革に比べて色の焼け方は若干早い傾向がございますので、変化を見ながらお好みの状態へと育ててください。

従来のヌメ革商品と違う点は、日光浴後の湯拭きおよび陰干しが不要なこと。日光浴の後は、“レザープリザーバー”を柔らかいクロスで全体的に薄く塗り込んでいただき、革に栄養を与えてあげてから使い始めてください。


Stockholm(ストックホルム)シリーズのように、あらかじめ日焼け加工が施されたヌメ革製品は、日光浴を行わずに届いたその日からお使いいただけます。ご使用前に“レザープリザーバー”を塗りこんでいただくと、汚れがつきにくくなります。