Breeオフィシャルオンラインショップ

平日9時までのご注文は当日発送いたします
 
ウインターセール実施中!
シリーズ一覧
お問い合わせフォーム
BREEアプリのダウンロードはこちら!
iPhone版BREEアプリのダウンロードはこちら!
Android版BREEアプリのダウンロードはこちら!
ヌメ革について
WELOVEBREE!
WELOVEBREE!「ヌメ革写真館」
Bree Channel ブリー動画はこちら
会員登録で500ポイントプレゼント
よくあるご質問
お問い合せはこちらから
当日配送承ります
  • TwitterのBreeのページへ
  • MixiのBreeのページへ
  • FacebookのBreeのページへ
JALカード特約店
 
Home > ヌメ革のお手入れ方法
日頃のお手入れは乾拭きやブラッシングだけで十分。
使っていくにつれ、革のかさつきや細かいキズなどが気になったときには、“レザープリザーバー”をご使用ください。
また、さらに使い込んで汚れや革のひび割れが気になってきたら、市販のシリコンポリッシュをご使用ください。
革に栄養を与え、しなやかさを取り戻すことができます。

お手入れの仕方は、素仕上げのヌメ革製品も、ワックス加工や日焼け加工が施されているヌメ革製品も同じです。
定期的に、“レザープリザーバー”を塗りこみ革に栄養を与え、お手入れしてください。
ハンドルや底面など、よくさわる個所や汚れやすい部分には、あらかじめ“レザープリザーバー”を塗っておくことも効果的です。汚れが付着しにくくなります。
ヌメ革は、水分に対して強い革ですが、初めのうちは水に濡れると、輪ジミになる場合があります。でも、心配はありません。
対処法は、できるだけ早く全体をぬるま湯に浸したタオルなどで拭き、革に水分を染みこませること。思い切って全体をまんべんなく濡らすように拭くのがポイントです。
濡らした後は、形を整えて、ゆっくりと自然に陰干ししてください。すると、このとおりきれいに輪ジミが取れます。
【 ご 注 意 】
金属パーツは水分に反応し変色を起こす場合がありますので、お湯ぶきする場合は、金属パーツ周辺を避けるようにしてください。
なお、革小物類は芯材が変形する場合がありますので、濡らしすぎないようにご注意ください。
底面などについた表面的な汚れや黒ずみは、革専用の消しゴムで取り除きます。
革を痛めないように、ゆっくりと丁寧にこするようにしてください。

バッグを長期間ご使用にならない場合には、カビを防ぐためにも、詰め物をして通気性の良い、湿度の低い場所に保管してください。また高温となる場所への放置は避けてください。
ヌメ革の一番のお手入れは何といっても日々使ってあげる事です。大切にしまいこむのではなく、できるだけあなたの生活とともにそばに置いて、日の光をあててあげてください。
【ヌメ革の日光浴について】知りたい方はこちら↓